《レポート》『身体の見立て方【基礎評価学】講座2012』参加者の声

《レポート》
作業療法士・神田一郎が教える
『身体の見立て方【基礎評価学】講座2012』
参加者の声

2012年7月〜9月に行われました「基礎評価学講座」、大好評で終了いたしました。
写真と参加者の声をご紹介いたします。


【基礎評価学(リハビリテーション評価)】は、痛みや不調の原因を分析し、的確な治療につなげるためのリハビリの基礎学問です。
この講座は、リハビリのプロである作業療法士・神田一郎先生から、評価学における評価項目のメインである「姿勢」と「筋の働き」にフォーカスした分析方法の基本を学びました。

3回シリーズのこの講座を修了した方は、【臨床タイ医学研究会 基礎評価学講座】の修了証が授与されました。


第1回「姿勢の評価」
『クライアントへ姿勢に対する的確なアドバイスができる』
ステイックピクチャーが書けて評価できるようになると、身体の癖と生活週間との関連性、ストレッチをかける部位、気をつけるべき姿勢が分かります。

◇基礎評価学とは?
◇関節の動きの特性
◇バランス・重心の見方
◇スティックピクチャーとは
◇正面からみた姿勢の捉え方
◇側面からみた姿勢の捉え方

  

<第1回・参加者の声>
●立ち方姿勢で体の特徴をつかみ、疲れやすい部位がわかる。たくさんの人を見て勉強したい。

●今まで、触ってコリをみつけてほぐしたり、寝た姿勢の特徴しか見ていなかったので、かなり勉強になりました。

●1日1日を大切に、スティックピクチャーを書いていきたいと思いました。

●一人一人の身体の違いを見て、触って感じれた。負担のかかる部位もわかった。



第2回「筋からの見立て」
『施術するべき部位が明確になる』
ステイックピクチャーから推測できる筋の緊張部位を把握することで、施術ポイントの予測が可能になり、どんな時に何を行えば結果が得られるのか、自分自身の引き出しを作れるようになる。

◇関節の動きの種類
◇大まかな筋の作用
◇筋収縮の種類
◇実技(スティックピクチャーのみかた)

  

<第2回・参加者の声>
●筋肉を動かすときにどのように動いて、どことどこがつながっているかわかった。

●解剖学の本を見ても、イメージがしにくいところもあり、テープを使うことでイメージがしやすくなりました。

●やみくもにアプローチするのでなく、その人の体をしっかり観察し、ゆるめてアプローチする。教えていただいたことを理解し直してこれから使いたいです。


第3回「身体を使った臨床分析」
『明確なアプローチが体現できるようになる』
実際のケースで講師と共に評価、治療を経験することで、活きた臨床評価が可能になり施術時に活かすことができる。

◇評価のポイント・順序
◇実技

<第3回・参加者の声>
●「評価をする意味」=その姿勢から見立てることで、相手の主訴にだけアプローチするのではなく、より効果的な方向・順番を選んでいくということ。が理解できました。簡単ではないですが、是非使えるようになりたい!と思いました。

●自分のアプローチで、どう変化させたいか、どう変化したか、のイメージがもっと明確化させていける指針ができました。

●身体がきちんと見立てられるとアプローチした後の結果が得られやすいことが理解できました。月1回でしたが、充実した時間が過ごせました。ありがとうございました。



2013年・秋に「基礎評価学講座応用編」が開催されます。

詳しくはコチラをご覧ください。




《終了しました》石田ミユキのONE DAYセミナー【東京】 参加者の声

《終了しました》石田ミユキのONE DAYセミナー【東京】  参加者の声

無事、終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
参加者の声を一部抜粋してお届けいたします。

次回は【芦屋】で開催します。



【身体の見立て方】  参加者の声♪

・クライアントさんの普段の動きの中に不調の原因があること。
それを読み取る要点(理由・背景含む)をわかりやすく説明して下さったので、理解しやすかったです。(S・Nさん 女性)

・動きの癖で静止の状態の市営が出来上がるということ。足がバランスをとるのに大事だということがわかりました。(I・Mさん 女性)

・実際に見ながら触りながら学べたので、わかりやすかったです。(I・Mさん 女性)

・歩くということに対して、考えかたが変わりました。身体全体をもっと広くとらえていこうと思いました。
(M・Nさん 男性)


【身体の使い方】  参加者の声♪

・正しい身体の使い方をしていれば、身体への負担は少ないことがわかりました。(S・Nさん 30代女性)

・改めて自身の身体と向き合え、まだ修正できる部位があると気づかされた(T・Oさん 男性)

・身体の使い方は自分の癖があるので、時間をかけて練習する必要があるなと思いました。(Y・Mさん 女性)

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM