レポート「ドンバン有機ハーブ農園」 by 高橋佳乃

レポート「ドンバン有機ハーブ農園」 by 高橋佳乃
臨タイ本講座「タイ式セラピスト養成講座」の『薬学』講師でおなじみの高橋佳乃さんによる、臨タイ「タイ視察研修2013」で訪れた「ドンバン有機ハーブ園」のレポートです。

ハーブボール、ハーブサウナ、ハーブティー、タイの乾燥ハーブは日本でも手に入れることはできますが、実際にそれらのハーブが植物として生きていたとき、どんな形をしていて、どんな大きさで、どんな色をしていたのか、思いをめぐらせたことはありますか?

そんなハーブの生きている姿を見に行こう!ということで、オーガニックタイハーブで有名なドンバン有機ハーブ農園を訪ねました。こちらの農園では、タイ随一と言われる伝統病院Abhaiphubet Chaopraya Hospitalと連携し、病院で使うためのハーブを生産しています。ドンバン農園は、タイの首都バンコクから車で約3時間、バンコクのとなりのプラチンブリ県にあります。現在12の家族と農場コミュニティを形成してハーブ原を生産しています。

こちらが、オーナーのサマイさん。
写真はちょっとかしこまっていらっしゃいますが、気さくな笑顔の親しみやすい方です。


最初は机を囲んでの農園の説明、それから植木鉢でハーブをいろいろと見せてくださりました。タイの眩しい暑さの中、タイならではのハーブティーのサービスも♪
生き返りました!


一通り座学が終わった後は、農場内を歩いて巡りました。歩きながら、そこらへんに生えているハーブを紹介してくださります。これは○○、こっちは○○、茎の赤いのと黒いのでも違う種類、などなど、次から次へと説明が続きます。植物の世界は奥が深いです。



途中の作業場では、ハーブを干すために網の上に広げる作業をしていました。
私たちもみんなでお手伝い。たらい一杯くらいありそうなハーブを均一に広げるのは、見た目よりも力がいるし技が必要でした。どうしてもムラが出来てしまうのです。農場の人はとっても速い!手慣れています。



お昼は近くにあるハーブをたっぷり使ったレストランでいただきました。
ハーブ鍋が絶品です。


たっぷり積まれたハーブの倉庫も見学させていただきました。新鮮なハーブが山積みされた光景は圧巻でした。


最後はみんなで記念撮影です。


入口では、農園オリジナルのハーブ製品も購入できます。オススメはプライオイル。濃厚です!液体ですのでお持ち帰りには気をつけてくださいね。また、こちらのバタフライピーも色が濃厚でいいものでした。

ハーブの実物を知らずに使うのと知って使うのとでは、使う時の気持ちも変わり、気持ちが変わると感じ方も変わります。ハーブの良さがより行きてくると感じています。
2回目参加の人は住み込みお手伝いも大歓迎!?じっくりタイハーブ漬けになってみるのも、深い学びがありそうです。
サマイさん、参加者のみなさん、どうもありがとうございました。
(文/高橋 佳乃/2013)
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM