9/25スタート面白いほど腑に落ちる身体のメカニズムと技を結ぶ「関節理解の基本の基本講座」

面白いほど腑に落ちる身体のメカニズムと技を結ぶ
「関節理解の基本の基本講座」

第一回目は総論です。
安定性とバランスについて理解を深めます。なぜなら、症状軽減にも、解剖学を施術に活かすにも、このことが分かると面白いほど理解が深まると思うからです。

カウンターバランス

の意味を、自分の身体で確認し、しっかり体得したいと思います。



...
胡坐を組んだ時、右と左で膝の高さが違うのは、どうしてですか? 左がいつも高いのです。

ヨガレッスンの生徒さんから聞かれる、ベスト3に入るような、よくある質問です。
「骨盤が歪んでいるから」と答えるセラピストやヨガインストラクターは多いかもしれません。
もちろん間違いではありません。

しかし、

「症状を軽減する」
「身体の歪みを整える」

を考えるなら、もう一つ説得力のある説明があると嬉しいですね。

「関節」の立場から答えると、正しくは

左の股関節が緊張している、から骨盤が歪むのです。

では、なぜ左の股関節が緊張しているのか?

それは、緊張させないと、安定しないからです。

もう少し言うと、何かの動作をする時に左の股関節を緊張させていないと、その動作ができないからそうしているのです。これが、「バランスを取る」という現象なんですね

支点を取り力を出力する。安定を取り動きを作る。

この原理がちゃんと身体に叩き込まれれば、ひざ痛も、腰痛も、肩こりも、首の疲れも、かみしめ癖も、頭痛も、目の疲れも。。。

この講座に出ると、「何故、その症状が起こるのか」のメカニズムを考える自分の基軸、もっともシンプルな基本ができるはずです。

【内容】
 ※座学っぽいですが、身体を使って理解を深めますので楽しいです!
・「二足歩行〜頭蓋を足にのせる〜」で合点がいく私たちの身体の構造と機能
・カウンターバランスとは?
・安定性とバランス・支点と出力の徹底理解
・10人10色の’クセと症状’のつながりを読む
・施術の体位と部位別アプローチの相性を理解する

【日時】2017年9月25日(月)14:00−17:00
※同日11:30-14:00 ストレッチ200講座開催
【場所】オナモ(予定)
【対象】セラピスト
【定員】8名 最小開催人数4名
【受講料】
(単発)15,000円 (6回セット)72,000円※2年間有効。

※どの回からスタートしても対応可能です。
※2年間有効。どの回からスタートしても対応可能です。
※受講にはリンタイ会員の登録が必要です(無料)。
http://rinsho-thai.jp/join

***各テーマとスケジュール***

※詳細にご興味のある方は、こちらのグループページに参加をお願いします。
https://www.facebook.com/groups/1857655127780933/

【重要】
講座はセット申込の方が6回終了するまで循環しています
単発でもセット申込み(歯抜けでの受講もOK)でも参加頂けます。

●第1回 総論「全ての症状に通じる基本の知識」
内容:「バランスの崩れ」の意味を知る。骨格と関節について
日程:9月25日(月)

●第2回 各論「下肢機並部)」
内容:むくみ、だるさ、足先の冷え、ハリが起こる理由と「60分で結果を出す」施術のポイント
日程:10月予定。セット受講者で決定します。
  

●第3回 各論「下肢供糞喇堯Ω坿慇瓠法
内容:「歪み」の見立て。骨盤、ウエスト、O脚。。。股関節の動きと改善するための「使うべき筋肉」
日程:11月予定。セット受講者で決定します。

●第4回 各論「体幹(骨盤、脊柱)」
内容:姿勢、腰痛、免疫力。重要な大腰筋と横隔膜を「解放する」ポイント
日程:12月予定。セット受講者で決定します。

●第5回 各論「上肢(肩部)」
内容:肩こり、首、背中のはり。「縮んだ筋肉をラクにはがす」ための関節の動かし方
日程:2018年1月予定。セット受講者で決定します。

●第6回 各論「頭部(オロフェイシャル)」
内容:オロフェイシャルと神経。セルフアプローチで、頭、目、顔、耳、首、の疲れを拭う
日時:2018年月予定。セット受講者で決定します。

※セット申込の参加者と日程を調整します。(月1回ペース)

※2回目以降はセット申込の参加者と日程を調整します。(月1回ペース)


【講師】石田ミユキ(いしだみゆき)
臨タイ代表。タイ流セルフケアOM NAMO(オナモ)、ITM渋谷ヌアライフスクール主宰
前職は「シューフィッテイング」のプロとして、10年程子供と女性の足の健康に携わってきました。2002年よりタイマッサージ、タイヨガ・ルーシーダットンを行っています。
14年間真剣にタイ式と向き合ってきました。それでもタイ式の魅力は尽きません。
1. 無駄なアプローチを減らす 2.健康を意識して自分の身体を使う

今回の講座は、この2点にフォーカスします。
前職の知識をタイ式に活かした、経験に基づいた内容となります。
臨タイの受け持ち講座では、90%の方に「非常に満足」を頂いています。
よろしくお願いします。

主な著書:
「歩けるからだになるために」、「ムーンヨガ」、「女性のためのタイマッサージ(DVD)」
新書「タイマッサージ・ストレッチ200」執筆者の一人(Amazonランキング部門別1位)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM